自慢の出汁パック「和魂」のお出汁でおでんテスト

自慢の出汁パック「和魂」のお出汁でおでん

枕崎も朝晩は肌寒く感じるようになりました。
赤く色づいた柿の実や金木犀の香りに秋の季節を感じます。
昨晩は、弊社の自慢の出汁パック「和魂」のお出汁でおでんを作りました。
大根・じゃがいも・たまご・糸こんにゃく・鳥の手羽・板こんにゃく・結び昆布・餅巾着・さつま揚げ・ちくわ・椎茸

和魂のお出汁にそれぞれの具材の旨みが溶け込んで、とっても美味しくできましたよ。

全国的に寒くなるようですね。
暖かいものをいただいて風邪などをひきませんように。

お出汁さえあればの親子丼。テスト

お出汁さえあればの親子丼

これからの季節は、多めにひいたお出汁も長持ちするのでちょっと嬉しいです。
まとめて多めにお出汁をひいておけば、日頃面倒だと思っているお料理やお鍋などにいつでも使えて便利です。

そんなお出汁で親子丼を作りました。
鰹昆布出汁・砂糖・醤油

お出汁と「さしすせそ」調味料で簡単お料理の完成です。

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!テスト

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!
下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

出汁プロジェクトのメンバー企業である株式会社下園薩男商店(本社;鹿児島県阿久根市大川54 代表取締役社長;下園満)は、9月9日にショップ、カフェ、工場にホステル(ゲストハウス)を併設した「イワシビル」をオープンしました。
 
9月7日に行われたオープニングパーティーの模様を含めて新しいビルのご案内を致します。
オープニングパーティーは特に社長や来賓挨拶等という堅苦しい儀式は一切抜きで、和気あいあいとした雰囲気の中、県内外からたくさんの方々がお越しになり、二階の工場や三階のホステルを参加者が自由に見学するといった感じで進みました。
阿久根市出身のKYT橋口アナウンサーが取材に来て、プロジェクト責任者である下園正博常務から話を聞いていました。

スクリーンショット 2017-09-15 17.05.56
スクリーンショット 2017-09-15 17.06.06

イワシビルをOPENした経緯を下園正博さんは以下のように話していました。

旅する丸干しという丸干しのオイルサーディンを発売し、3年がたち、カフェ・販売所が併設された工場を、海が見える丘の上に作りたいと思っていました。
そんなときに突然社長が、安かったという理由から阿久根の中心地にあった使われていなかった3F建てのビルを購入してしまったのです。
何をするかは決めてくれということで、3F建てのビルをどうしようかと考えていたところ、グランビューという阿久根にあった、温泉付きの大きな宿泊施設がなくなったり、泊まれるところ、特に若い人たちが集まってくるような宿泊施設が無いということから、ホステル(ゲストハウス)が併設したカフェ・ショップ・工場であれば面白いものができるかもしれないし、旅する丸干しと同様旅繫がりで色んなことを発信できるのではないかと考えました。
ちょうどその時期に、阿久根に地域おこし協力隊として京都から入ってきていた「石川さん・細原さん」の2名はリノベーションのプロであり、京都でもツクルビルというアーティストが集まるビル等、多数のリノベーションを手掛けている方達との出会いもありました。
 
イワシビルという名前も石川さんからの提案であり、自分達の方向性が運命づけられているような印象です。「イワシビル」は旅と時をコンセプトに企業理念の「今あるコトに一手間加え、それを誇り人生を豊かにする」この考えのもと、今ある地域のものに一手間加えて、食品だけではなく、ボンタンの木を使ったカッティングボード等様々な商品を手掛けていきたいと考えています。

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!
下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

1階のショップでは、下園薩男商店の商品以外にもカフェを運営、土日のみ11:30~14:00まで20食限定でランチも提供、土日は14時以降もしくはランチ終了後、平日は11時~18時、塩クリームをのせて食べる「港町のたい焼き」も販売してるそうです。

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

しかし、最も注目すべきは3階のゲストハウスですね。企業理念である「今あるコトに一手間加え、それを誇り楽しみ、人生を豊かにする」この理念の基、「時」と「旅」をコンセプトにした通り、若い人が阿久根を訪れる「旅」に使って欲しいと下園正博さんは考えているようです。

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

下園薩男商店、阿久根市に旅と時をコンセプトにした新拠点「イワシビル」をオープン!

2017年9月5日現在のホステル料金一覧表
セミダブルルーム:
1人 3,500円
2人 4,500円

ダブルルーム
1人 4,500円
2人 5,500円

和室(セミダブルツイン)
1人 5,000円
2人 6,000円
3人 6,500円
4人 7,000円

*幼児は無料(小学生からお一人様。人数が増えてもベッド数は変わりません。)

■レンタル販売品一覧
【レンタル】バスタオル:300円/枚フェイスタオル:200円/枚  スリッパ:100円/足
【販売】歯ブラシ:100円/本 ペットボトル飲料:150円/本

連絡先 0996-28-0200
Facebook https://www.facebook.com/iwashibldg/

阿久根市には他にも水戸岡鋭治がデザインしたJR阿久根駅駅舎を始めとして、港にあるお肉の直売所「HARVEST」等、訪れてみたい所が沢山あるようです。そう言えば、イワシビルのすぐ近くにカフェバーもありましたね。是非一度、阿久根を訪れてみたら如何でしょう。

http://go-akune.jp/

イワシビル

秋刀魚テスト

旬の秋刀魚
秋刀魚の季節ですね。
秋刀魚といえば、カボス(大分が産地)。
爽やかな旬のカボスでお吸物。
「和魂」で取ったお出汁に生湯葉とカボスを添えました。
秋の気配を感じながら美味しくいただきました。

カツオの血合テスト

カツオの血合
カツオの血合で一品。
みなさん、カツオのお料理と言えば「鰹のタタキ」が思い浮かぶのではないでしょうか?
ここ枕崎ではタタキよりお刺身でいただきます。それも、血合抜!!
血合はすぐに鮮度が落ちるため、生臭さや鮮度に敏感な枕崎の人々には血合抜が好まれています。
とはいえ、血合は栄養素が豊富な部分。捨てるなんてもってのほかです。
そこで一品。
細かくたたいて、すりおろしたニンニク、ごま油、ゴマ、ネギ(大葉)、醤油を加えた「血合の胡麻和え」
栄養豊富でスタミナたっぷり、夏こそおすすめの一品です。
お酒もすすんじゃうかも(笑)

鰹節カレーライステスト

鰹節カレーライス
鰹&鰹節を食べつくそう!!

家庭の定番 カレーライス!!
我が家ではお肉の代わりに鰹節を入れてます。

野菜を煮込む際に鰹節を投入するだけの簡単料理です。
(今回はフタマルパック5gを3枚使用)

鰹節カレーライス
鰹節からでる出汁が、少し和風の優しい味にしてくれます。
また、鰹節とカレールーがからまってお肉が入っているような感覚(錯覚?)に!!

カロリーを気にしている方やお肉が苦手な方にお勧めですよ。

トマトでさっぱり冷たいお吸い物テスト

ホタテの佃煮で炊き込みご飯
ここ数日、非常に蒸し暑い日が続いています。
食欲がなくなりやすいこれからの季節、さっぱりと、でもしっかりといただきたいですね。
今朝は、トマトでさっぱり冷たいお吸い物に、お中元でいただいたホタテの佃煮で炊き込みご飯。
みなさんもしっかり食べて今日も一日頑張ってくださいね。