カブとお餅のカニ餡かけテスト

スクリーンショット 2018-02-15 9.43.00

寒い朝に、お出汁さえあればの簡単お料理。
『カブとお餅のカニ餡かけ』
鰹昆布出汁でカブを煮て、柔らかくなったらカニの缶詰をまるごと入れて味を調え、片栗粉でとろみをつけた餡を焼餅にたっぷりかけていただきました。
お腹も満足!!
ぜひお試しくださいね。

ニシン蕎麦テスト

スクリーンショット 2018-02-15 9.42.53

今朝は、年末にいただいたニシンの甘露煮でニシン蕎麦を作っていただきました。
身欠きニシンや棒ダラといった食材は鹿児島では珍しいものです。
鹿児島では味わえないお味を家庭でいただけるのも嬉しいです。
弊社で作った枕崎産の枯アゴ節と鰹節(荒節&枯本節)をたっぷり使用した出汁パック『和魂』でお出汁をとり、濃口醤油とみりんと塩で味を調えました。

2月18日うま味祭り開催テスト

うま味祭りチラシ修正

昨年に続いて開催される冬の出汁プロイベント。
今年はNHK大河ドラマ「西郷どん」にちなんで、西郷どんも愛したウマいに出会う!!をコンセプトに「うま味祭り」を開催致します。
メインは「西郷どんのうま味御膳」、西郷どんが愛した豚、鰻、鶏をはじめ鹿児島のうま味を散りばめた色とりどりの松花堂弁当と「西郷どんも食べたさつま汁」をご用意しました。
限定200食を赤字覚悟のワンコイン500円(税込)でご提供します。
2月12日にMBC南日本放送の「かごしま4(よじ)」にメンバーが出演した際に、キャスターやスタッフの方にも試食していただきましたが、これで500円とはびっくりとのお言葉もいただいております。

IMG_1043

ちなみにお品書きは

魚として「とろ鯖の昆布巻き」と「鹿児島産・鰻の佃煮」をさつま麺業が用意
豚として「出汁入りかごしま茶しゃぶしゃぶ」を島田屋と美老園のコラボで用意し、中原水産の「だし黒酢ジュレ」をかけて召し上がっていただきます。
また島田屋と藤安醸造のコラボで作ったミートローフならぬ「ミーソローフ」、黒豚でさつま揚げをまいた揚立屋(立石食品)の「黒豚の帯巻でごあす」と豚肉は豊富です。
鶏としては南薩食鳥の「味なとりレア炭火焼」と鶏飯で有名な奄美の里から「鶏飯だし巻き玉子」がスタンバイ
西郷さんが過ごした奄美つながりで「奄美の豚味噌」「パパイヤの漬物」も奄美の里さんが用意しています
野菜としてサラダも用意、Krozu Farmの「黒酢ドレッシング」をかけてお召し上がりください。
ご飯は2種類用意、肉の名門島田屋の「黒豚めし」が100名分準備されておりますが、白飯とおかか(中原水産用意)という組み合わせも乙なものです。
そして西郷どんが猟に出かけた際に食べたと言われる「さつま汁」、中原水産の本枯れ黄金だしで出汁を取り、藤安醸造のお味噌で味付けしたものとなります。

これで500円は本当にお得だと思います。

IMG_1033

他に参加費無料のワークショップも開催されます。
11時半からは「こだわり茶節作り体験」お茶の美老園がセレクトしたお茶に藤安醸造のお味噌、中原水産の中原社長がミックスしての作り方を伝授します。
12時15分からは「美味しい黒酢の楽しみ方」を坂元醸造が13時からはお茶の美老園が「ほうじ茶作り教室」をお届けします。
そして13時45分からは「出汁入りソーセージ(和ッセージ)作りワークショップ」を島田屋が開催、この日しか食べる事が出来ない貴重な体験になりますよ。

また、出汁プロジェクト各社がブースに於いて試飲・試食や販売も行っていますので、是非ご家族やお友達などお誘いあわせの上、お越し下さいませ。

開催日時 2月18日(日)11時~16時
開催場所 城山観光ホテル 4階 レインボーホール

七草ずしテスト

スクリーンショット 2018-01-19 12.43.34

鹿児島で七草にいただく「七草ずし」
鹿児島では昔から7歳になる子供たちが1月7日に晴れ着を着て祝う「七草祝い」という行事があります。
その際に、七草祝いの子供たちは晴れ着を着て7軒のご近所を親と一緒にまわり、重箱に各ご家庭の七草ずしを分けてもらっていただく習慣があるんですよ。
今朝はは我が家も 里芋、人参、牛蒡、大根、深ネギ、ほうれん草、三つ葉、鰹昆布出汁に冷蔵庫にあるお野菜とお餅を入れて「ずし」をいただきました。

たこ焼きの出汁テスト

スクリーンショット 2018-01-19 12.43.20

スクリーンショット 2018-01-19 12.43.27

この時期はお出汁が大活躍しますね。
我が家もすっかりおせちに飽きてしまい、先日はなんだかクルクルしたい(笑)と思ってたこ焼きにしてみました。たこ焼きの出汁は、お雑煮用に準備していた『和魂』&干し海老のお出汁。
シンプルな醤油ベースの味にしてみました。
余ったたこ焼きは翌日に鰹昆布出汁でお吸い物に(笑)
お出汁様様です

【イベント速報】テスト

27018810_1591054457637224_779996326_o

今年もやります!出汁プロジェクトのイベント
西郷どんも愛した鹿児島のウマいに出会う!!「うま味祭り」
2月18日(日)城山観光ホテルにて
詳細は追ってまたご案内します。

鰹の腹皮の湯引テスト

鰹の腹皮の湯引1

鰹&鰹節を食べつくそう!!

鰹の腹皮は唐揚げ、塩焼きなどをこれまでご紹介しましたが、今回は鰹の腹皮の湯引です。

湯引の場合は刺身用の鮮度の良い鰹の腹皮を使用するため、地元枕崎でも滅多にお目にかかることが出来ない貴重なお料理ですよ。

硬い骨や皮を取り除いた腹皮を沸騰したお湯にサッとくぐらせ、氷水で〆ます。
お刺身用なので半生でいただきます。

ワサビ醤油も美味しいですが、今回は酢味噌で。

ヒラメの縁側に似た?食感がたまりません!!

鰹の腹皮の湯引2

湯豆腐 鰹せんじたれテスト

湯豆腐 鰹せんじたれ1

鰹&鰹節を食べつくそう!!

寒くなると自然とお鍋料理が多くなりますよね。
湯豆腐はいかがですか?

我が家では湯豆腐を 鰹のせんじ で食べるんですよ。

せんじにお醤油と鰹節(フタマルパック)をお湯のみなどに適量入れて混ぜます。
せんじは水あめのような感じなので醤油で柔らかく練り上げて せんじたれ の完成です。
(鹿児島の醤油は甘いので、お好みで甘みをつけてもいいかもしれませんね。)

せんじたれは温めたほうが柔らかく美味しいので、湯煎をして温めます。

ねぎを添えて。
せんじのほろ苦さと鰹の濃厚な味が癖になる味です。

豚しゃぶでも美味しいのでお勧めですよ。

湯豆腐 鰹せんじたれ2